0
「ホーホー!」と思ったらclick

「子どもと暮らす」を、もっと楽しく! みんなの子ばなし

vol.8

コーチングのプロからのアドバイスつき


2017.12.04そろそろ大そうじの時期ですね。今年は、子どもに自分の自転車をキレイにしてもらいませんか?自身の持ち物を自らの手で拭く過程と達成感が子どもの成長にもつながるように、やる気を奮い立たせ、試行錯誤にもつなげる「声かけ」のポイントもお伝えします。親子げんかをせずに、我が子が自信を育んでくれたら大成功です!

by 編集K田

by 編集
K田

声かけのアドバイスを教えてくるのは
谷川一美さん

コミュニケーションを中心に人材育成の研修や講演、ワークショップ、大学講師など幅広く活躍。2004年、国際コーチ連盟認定 CPCC資格を取得し、プロフェッショナル・コーチとしてコーチングを行う草分け的存在に。仲間とNPOを立ち上げ、小学校の授業協力、子育てや障害者への文化的支援活動などを15年以上行っている。著書に「コーチング的生き方 ―運命は自分でつくる― 」(文芸社)。

  • 「やらせる」のではなく
    のは、
    魅力的な設定!?

    子どもをその気にさせるのって難しい!と悩んでいるママはけっこう多いはず。それが、そうじともなるとなおさらですね。自分自身の自転車をみがかせるにしても、はじめから「あなたの仕事はこれね」と課題を課せるのではなく、自発的に「自分でやりたい!」と思わせるのが大切。そのためには、伝え方の工夫が必要です。

    たとえば、子どもが思わず興味を引くような提案をしてみては?「今度の週末、家族みんなでピカピカキャンペーンをやって、ピカピカの達人を決めよう!」などと声かけしてみましょう。子どもにとってそうじはさほど興味がなくても、“1等賞”は魅力的。「僕もやってみたい!」と思わせれば、まずは第1段階突破です!

  • いきなり言い渡すのではなく、家族で食卓を囲むときなど事前の段階をつくるのがオススメ。
  • 家族みんなでピカピカキャンペーンやろう!

    何があるんだろうと、ワクワクするようなネーミングを。

  • ◯◯くんは、何をキレイにしてみたい?

    自分で取り組むものを考えさせるのも大切です。

  • 「◯◯くん、きれいにして~」て、自転車くんが言ってるよ!

    小さい子なら、お気に入りのミニカーなどをピカピカにさせてもOK。

スタッフCOMMENT

いつもいっしょにいる家族だからこそ知っている、我が子がのってきそうなきっかけを探してみるといいですね。by ライターU田

  • 最初に道具の使い方やふき方を説明してあげましょう。
  • 自転車を前に、子どもに求めるのは「完璧」ではなく

    子どもが自転車をふく作業に夢中になってくれれば、声かけの必要はありません。大人は声が聞こえる程度の場所で見守りながら、他のそうじをしてもいいですね。

    子どもが作業に飽き始めたり、自転車の扱いにくさにイライラしてしまったときは声かけチャンス!たとえば「できない~」とギブアップ気味のフレーズが聞こえたら「どうしたの?」と近づいて、上手くできないところを聞きながら、自転車の観察をいっしょにやってみましょう。「ブレーキってこの線でつながっているんだ!」といった子ども自身の新たな発見があれば、再び自転車に興味を持ちます。とれにくい汚れにつまずいたときは「この汚れは手強いね」と共感することも大切です。

  • 自転車のここってどうなってるのかな?

    キレイにすることより、子どもの気づきや創意工夫を促して。

  • 自転車さんが「もっとピカピカにカッコよくなりたい~」っていってるよ

    できた部分を認めたり、これからの未来方向に目を向けましょう。

  • この汚れは手強いね。どうやったらいいかな…

    共感して、ベターな方法を一緒に考えるスタンス。

スタッフCOMMENT

「これで終わり?」「ちゃんとやりなさい」など、マイナスな言葉って無意識に出てしまうもの。「ここ、もう少しピカピカにしようか」「あなたならできるよ」と、プラスの言葉を意識して声かけするのが大切なんですね。by ライターU田

  • キレイにした経験をと賞して

    自転車をふき終わったら、たっぷり褒めてあげましょう。作業中に褒めたことと同じ内容でもOK、何度褒めてもいいんです。ただしお世辞でおだてるのではなく、事実をできるだけ具体的な言葉で認めてあげるのがコツ。「頑張ったね」「できたね」と、やり遂げたことをいっしょに「味わう」スタンスです。

    さらに時間を置いて再度、夕食のときにでも話題のひとつに取り上げて、子どもが家族に説明する機会を作ってあげましょう。どんなところで工夫したか自慢したり、「ピカピカの達人」としてがんばりを認めてもらったりすることが、達成感をあらためて感じるチャンスになります。

    一過性で終わらせず、「達人、またお願いがあります!」など、生活の中で他のお手伝いにつなげてみるのもいいかもしれません。

  • 子どもが挑戦してやり遂げるうれしさを一緒に「味わう」経験を。
  • 手が真っ黒になるまでよく頑張ったね!

    きちんと事実を伝えると、お世辞でないことが子どもにも伝わります。

  • 継ぎ目のところまでピカピカにしたんだね!

    どこがキレイに仕上がったのか、具体的に伝えましょう。

  • 自転車さんがピカピカにしてくれてありがとー!って

    子どもにとって新しい視点のの声かけで、物の大切さも伝えましょう。

スタッフCOMMENT

いつもいっしょにいる家族だからこそ知っている、我が子がのってきそうなきっかけを探してみるといいですね。by ライターU田

認められることから、
子どもの「自立」が始まります

考える力を生活の中で育む

自分で考えて、決めて、行動できることが「自立」です。その支えとなるのが、人から「認めてもらう」こと。親から言われてやるのではなく、子どもが自分で考えて決めたり、いっしょに協議した上で決めたことなら、失敗しても誰かのせいにせず、「上手くできなかっただけ」と受け止められます。そして、次に挑戦するときには、どうやったら上手くいくのかを考えるようになります。

欲求の段階と自立の関連に注目

人間の欲求には、「マズローの欲求5段階説」といって、右の図のような段階があると言われています。子どもは家族からの愛情をたっぷり受けると「みんなの一員でいたい欲求」が満たされます。すると次は、自分の行いを褒められたいという「認められたい欲求」が高まります。そして、それが満たされると、誰かの評価ではなく自分らしく夢を叶えたいという「自己実現の欲求」を目指すようになります。これらの段階を登りながら、子どもは成長し、自立していくのです。

習慣にしたい「認める」こと

日本人はもともと反省を美徳としてきた民族で褒め合うのが苦手。けれど褒めるのは、相手を認める大切なアクションです。子どもたちは今、園生活・学校生活においてもマイナス面を指摘される機会のほうがが多いもの。大げさじゃなくていいので、家庭では小まめに褒める=認めるを実践しましょう。

マズローの欲求5段階説

下から上へ向かって、欲求がおおむね満たされると、欲求は次の段階に進みます。日本は「生理的欲求」「安全の欲求は」は基本的に満たされている国なので子どもは「みんなの一員でいたい欲求」から上の段階欲求を求めていることが多いそう。(谷川一美さんご提供)

子どもたちに「ピカピカの達人」に
なってもらう相棒たち

  • 水にぬらすだけでおそうじ、はじめ!

    マジックリン ピカッと輝くシート
    厚手パッド

    ピカッと輝くシートです。本当にキレイになるので助かります。まずはクレンジング付きで洗い、その後クレンジング無しで洗い拭きするとピッカピカなので、週1回やります。神奈川県にお住まいの
    30代女性会員さま

  • 背中はやってあげるからあとは洗ってみてごらん

    ビオレu
    泡で出てくるボディウォッシュ

    子供お風呂嫌いでしたが、泡で遊びながら自分で身体を洗ってくれるようになりました。大分県にお住まいの
    30代女性会員さま

  • たっぷりふわふわ泡でソフトクリームつくろ♪

    メリット 泡で出てくるシャンプー
    キッズ

    子どもが、泡でシャンプーが出てくるので楽しんで1人洗いをしてます。兵庫県にお住まいの
    30代女性会員さま

  • 毎日の手洗いは泡なら習慣にしやすい

    ビオレu 泡ハンドソープ
    (医薬部外品)

    子供の手洗いのために購入してからずっと使ってます。洗い残しやすすぎ残しが子供にもわかりやすいので愛用してます。愛知県にお住まいの
    40代女性会員さま

※Kao PLAZA会員さまの生声を
一部紹介しております。

まだまだある、
花王の子育て応援コンテンツ!PICK UP CONTENTS

※Kao PLAZA以外の花王関連サイトに遷移します。

子ばなしリアルタイム投票

この記事への
ご感想をお待ちしております!

あわせて読みたい

子ばなしトップへもどる

※パッケージなど商品に関する情報は、
公開当時のものです。