0
「ホーホー!」と思ったらclick

花王エコラボ
ミュージアムについて

01

和歌山の工場に隣接する
エコラボミュージアム

環境に配慮したモノづくり、“いっしょにeco”をめざす花王が、そのスピリットと先端のエコ技術を体験していただくために和歌山工場の隣の研究施設内に開設したのが、「花王エコラボミュージアム」です。国内有数の森林を持つ和歌山県は、豊かな自然と生態系に恵まれ、日本で初めて「エコロギー(エコロジー)」という言葉を使い、自然の仕組みを守ろうとした南方熊楠生誕の地としても知られています。ミュージアムでは、まず地球の環境問題をとりあげた映像を視聴していただき、和歌山の自然について説明をしたあと、「(原材料を)選ぶ」「(製品を)つくる」「運ぶ」「使う」「捨てる」という、花王製品がたどるプロセスごとに分かれた5つのブースを巡っていただきます。

02

近未来的な館内で体験する
「エコ」のいま

「研究の森」をイメージした、開放的で近未来的な館内。円柱型のガラスの壁で仕切られた各ブースでは、説明用のパネルや模型がわかりやすく展示されているだけではなく、タブレット端末でヤシの実を切って油を絞る作業を擬似的に体験したり、家の中に見立てたセットで家庭でできるエコのポイントを学べたりと、触れて楽しめる企画やしかけがたくさん用意されています。

03

洗剤の主原料であるヤシも。
バイオマス研究棟

ミュージアムの隣にある「バイオマス研究棟」を一歩入ると、そこはまるで南国。この温室では、洗剤の主原料であるココヤシやアブラヤシのほか、アボカドやカカオなど油のとれる植物、薬や香料の原料となる植物などが植えられています。建物が25メートルの高さになっているのは、ヤシが20メートルを超えるほどに成長するため。階段を上って上から眺める大きなヤシは圧巻です。

実はここにも…
さまざまな分野で貢献する花王の「モノづくり」

社会を支えるエコケミカル製品

花王の「よきモノづくり」のスピリットとエコ技術が活きているのは、日用品だけではありません。あまり知られていませんが、花王はケミカル製品を通じ、土木・建築、情報材料、エレクトロニクス、農業など、社会のさまざまな分野でも、エコと両立する利便性の向上に貢献しています。

電子写真方式のコピー機やプリンタは、顔料を樹脂に混ぜた粉状のインクを高温で溶かして、紙に定着させて印刷しますが、花王は従来より35℃も低い温度で溶けて定着するトナー「タフトン」を開発。コピー機やプリンタの消費電力を約40%削減することに成功しました。

自動車のタイヤの安全性を高め、燃費を低減するには、シリカという素材を配合することが必要です。花王はこれをより多く配合させる「シリカ分散性向上剤」を開発。ブリヂストンとも協力し、安全で環境に優しいタイヤの製造に寄与しています。

自動車の扉などには、鉄をうすく伸ばした鋼板が使われていますが、これをつくるために必要な高温洗浄・高温リンスが、花王の技術により、より低い温度でできるようになりました。

以上のほかにも、土木工事のときに水汚染を防止するためのセメント増粘剤、古紙から再生紙をつくるときの脱墨剤、農薬の効果を高めることで使用量を抑える農業用展着剤など、花王のケミカル製品の開発は、多岐にわたって、たゆまぬ進化を続けています。

すべて世代の方々に、新鮮な「実感・体感・体験」を

「花王エコラボミュージアム」は、花王が環境に配慮したモノづくりや、次世代の環境技術の研究に取り組む中で、2011年に開設されました。地球環境の現状を知っていただき、花王の取り組みとともに、先端のエコ技術を体験していただける施設です。私は2017年の4月に館長に就任しましたが、このミュージアムを通してみなさまとお会いできることを、大変うれしく思っています。
すでに小学生のお子様から、一般の方、企業の方、技術職の方々まで、幅広い層の方が来館され、私たちもそれぞれに合わせたご案内を心がけています。このミュージアムの魅力はなんといっても、「実感・体感・体験」できることです。1日の水の消費量などがひと目でわかる展示、タッチパネルでの情報提供、ラー油を使った洗剤の実験、ヤシの木が植えられた亜熱帯の温室などは、世代にかかわらず、驚きとともに楽しんでいただいています。最近では、環境情報をより深く学べる84インチの大型タッチパネルや、製品のCO2排出量やエネルギー消費量が、原料を選ぶところから捨てるまでの段階別に、LEDの光の大きさによって一瞬でわかるような機材も新たに導入し、ご好評をいただいています。

よりよい未来への、一歩に

温暖化、廃棄物、資源の限界など、地球の問題は山積みです。でも人間の知恵は素晴らしいものです。力を合わせて解決していける可能性は、間違いなく大きいと思います。そしてそのスタートは、ひとりひとりの現状への気づきと、できることからの実践です。このミュージアムへの来館が、そのきっかけとなり、みなさまの中から新しい環境への取り組みが生まれたりすれば、これほどうれしいことはありません。
和歌山は、「エコロジー」のもととなる「エコロギー」という言葉を初めて使った有名な学者、南方熊楠の出身地です。また海、山、川、温泉など、美しい自然に恵まれた豊かな場所です。そのような地であらためて地球環境のことを考えてみるのも、意義があるのではないでしょうか。
今後も、花王の取り組みを紹介するとともに、常に展示物やコンテンツに新しいものを取り入れ、夏休みや春休みには親子見学会、合同見学日を設けるなど、魅力的なミュージアムをめざして努力してまいります。

  • 所在地 〒640-8580 和歌山県和歌山市湊1334
    花王株式会社 和歌山工場内
    TEL: 073-426-1285
    (見学申込の受付時間 9:00~16:30)
    花王エコラボミュージアムの見学はお申し込み制です。
    詳しくはこちらのページをご覧ください。
  • 開館時間 9:30~16:00
  • 休館日 土・日・祝日および会社休日、年末年始
  • 交通 JR「和歌山」駅よりタクシーで約20分(関西国際空港よりJR「和歌山」駅までは、リムジンバスで約40分) 南海本線「和歌山市」駅よりタクシーで約10分
  • 入館料 無料
  • (注)
    ※和歌山工場内での写真・ビデオ撮影・録音はご遠慮ください。
    ※和歌山工場内は禁煙となっております。
    ※館内での飲食はご遠慮ください。
    ※飲酒されているお客さまは、見学をお断りさせていただいております。

みなさま、いかがでしたか?
たくさんのご感想、おまちしています!