0
「ホーホー!」と思ったらclick

花粉症になっちゃった! 花粉症初心者O子さんの… 花粉しっかり対策日記 —外出・ふとん干し篇— 今年花粉症デビューしてしまったO子さん。今週はお出かけやふとん干しの予定が…。O子さんはどうやって乗り切るのでしょうか?対策日記をのぞいてみましょう。同じ花粉症でお悩みの方に役立つ情報が満載です。

外出するときはばっちり防御を!
ものすごくあやしい…

外出 street clothes

3月某日(Wednesday) 天気:晴 花粉量:多
昨日は雨。雨の次の日って、花粉が膨張して大変なことになっちゃうのよね!でも、閉じこもってるわけにはいかないし…。

完・全・防・備 「帽子をかぶろう」ふわっと長い髪を見せたいとこなんだけど…そういう髪型は花粉がつきやすいので、泣く泣く、結んでまとめました。帽子もかぶろう。ツバのあるものがおすすめよ。 「メガネで目を守ろう」花粉が目に入るのを防ぐため。これがあるとだいぶ違う…。顔にフィットするゴーグルタイプの 花粉専用メガネもあるらしい。買ってみようかな。 「上着はツルツルのものを」だんなさんから教わった術。ウールとかはセンイの中に花粉が入りこんでしまうんですって。ツルツルしたポリエステル生地がいいみたい。寒いから、インナーで工夫してまーす。 「マスクは立体型を選ぼう」しっかり花粉をシャットアウトしてくれるもの、顔とマスクの間に隙間をつくらない、立体型でフィットするものがおすすめ。

家に入る前にしっかりとはらい落とそう!

帰ってきたら、家に入る前に、上着を脱いで花粉をはらい落として。ついでに髪の毛や帽子もね!今日は、出かける前にクイックル ハウスダスト除去スプレーをしておいたから、花粉もつきにくかったみたい。スプレーしておくと、花粉がついてもはらうだけで落ちやすいのよ!あ、これから出かけるだんなさんにも、シュッ。
しぱぱぱぱぱ
あきらめないで、ふとん干し!
おふとんラブ♡

ふとん干し airing

3月某日(Thursday) 天気:晴 花粉量:多
さぁて、ふとん干しをしなければ!花粉症だからってこわがってはいられない!太陽にあてたふわふわのおふとんで、ゆっくり眠りたいものね。
ふとんを干すなら、カラダにふれる面を内側に。干すときにクイックル ハウスダスト除去スプレーをシュッ。それだけで、花粉がつきにくく、とり込むときもはらい落としやすくなるからね。
表面をはらったあと ふとんをひっくり返して 内側の面もはらいます とり込んだふとんに掃除機をかければ、さらに効果的!

【ふとんの上手なはらい方】ふとんたたきは逆効果!両面をさっと手ではらおう

昔は、ふとんをパンパン叩いていた私。これまちがいだった!逆に、表面の花粉がふとんの中に入り込んでしまうのです~。

ふとんが干せないときは…

リセッシュ除菌EXで消臭&除菌!センイの奥まで浸透して原因菌を除去し、汗などのニオイも元からしっかり消臭。抗菌効果で菌の繁殖まで防ぐから、ニオイ戻りしません。
換気にも気をつかって…
そ~…
レースのカーテンなら暗くならずにすむしね!

部屋の換気 ventilation

3月某日(Friday) 天気:曇り 花粉量:多
花粉を入れまい!とは思うけど、やっぱり空気は入れかえなきゃ。何かいい方法はないかなー。

「窓は全開にしない!」大きく開けずに細め(10cm)にね。 「カーテンや網戸で花粉をブロック!」レースのカーテン、網戸を閉めると、侵入する花粉がぐっと減少。 「窓を開ける時間も短めに!」1時間ほどで閉める。忘れないように~。 「カーテンにはクイックルハウスダスト除去スプレーを!」花粉がつきにくく、はらいやすい状態にします。

網戸やカーテンによる花粉侵入対策の効果(減少率)

窓全開:約2300万個侵入 網戸:約27%減少 網戸+カーテン:約50%減少 実験条件:ワセリングラスを日中(11:00-17:00)室内に放置し、付着した花粉数を測定
網戸&カーテンの効果、ためしてみたら絶大でした。窓を全開にしても、網戸を閉めていれば、侵入した花粉の量は30%近く減少するんですって。さらにレースのカーテンも閉めれば、花粉の侵入量は半分に!
花粉シーズンが終わったら…

網戸についた花粉をスッキリキレイに♪

クイックルワイパー + ウエットシートでラクチンキレイ!
花粉に負けないで、健やかにくらすこと。それには家族の協力が大切。 これからはいっしょにがんばろう!
家族の中で女性だけが花粉症の場合、がまんしてしまうことも多いようです。でも何も言わずにかかえこんでいると、いつのまにかストレスになることも。花粉症の辛さは味わってみないとわからないものですが、対策には家族の協力が不可欠です。たとえば、仕事や学校から戻ったら、家に入る前に上着をはらう、窓の開け方をちょっと細めにする、休日には床をみんなでそうじするなど、健やかにくらしていけるように、家族で話し合い、一人ひとり、できることから心がけていきたいですね。
特集をお読みいただきありがとうございます。
ご意見・ご感想をお聞かせください

※パッケージなど製品に関する情報は、公開当時のものです。

2014年2月掲載

その他の特集をチェック!